車の査定前にする掃除、どこまでやったらいい?

ニキビしたんです > 査定 > 車の査定前にする掃除、どこまでやったらいい?

車の査定前にする掃除、どこまでやったらいい?

何年も使ってきた愛車だと、いくら丁寧で几帳面な人とはいえ多少の傷や多少の汚れはありますよね。そのような汚れや傷は隠すべきなのでしょうか。

汚れについてですが、これはそこまで重点的に洗車する必要はないです。なぜなら、査定会社はあなたから買い取った車をそのまま次の人に売り渡すはずがなく、必ず専門の業者に洗車をしてもらいます。したがって、査定を行う人は、落ちる汚れか落ちない汚れかといったことは判断できるはずです。洗車に持って行っても無駄な出費になるだけです。

 

では全く掃除をしないで持っていくのと掃除をして持っていくので一緒なのでしょうか。全く一緒なら掃除をするのなんてめんどくさいですよね。できるならしたくないと皆さん考えると思います。でも逆の立場になって考えてみてください。小綺麗な車を持ってきた人と、泥だらけの車を持ってきた人、どちらの車をより厳格に審査しますか?平等に審査する人はなかなかいないはずです。多くの人は最初の印象でこの車の持ち主は大切にしてそうだとか、粗暴な人なんだろうなと先入観を持って査定に臨むと思います。恋愛と一緒です。恋人を探している時にわざわざ寝起きでパジャマのままの女性を選ばないですよね。ということはある程度の掃除、ホースで簡単な泥を落とすとか、掃除機で吸える程度のゴミは吸い取るとか見た目小綺麗にして査定に持っていけば、そこまで厳格に見られないはずです。

最低限のコストで最大限の利益を得ましょう。

ワンゼットの口コミ・評判は良いの?



関連記事

  1. それまでに出された下取り額
  2. 車の査定前にする掃除、どこまでやったらいい?